片頭痛と坐骨神経痛に悩む33歳です

坐骨神経痛の悩み

坐骨神経痛に効果がある新しい治療 AKA治療(関節運動学的アプローチ)

臀部から太ももの後ろ側にかけて、足の先のほうまで放散するような鋭い痛みを伴う坐骨神経痛。
そのしびれるような電気が走るような痛みは非常に辛いもので、時に日常生活にまで支障を及ぼしたりするほどです。

坐骨神経痛

 

こうした症状が起きる原因には、主には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症によることが多く、
他にも梨状筋症候群や変形性腰椎症、帯状疱疹、まれに脊髄腫瘍などが原因となっている場合もあります。

 

AKA治療(関節運動学的アプローチ)

 

整形外科では、レントゲン検査やMRI検査、血液検査などを通して原因を判別し、それに対して有効な治療法を選択して行っていくのが一般的です。

 

 

 

病院での治療は、主に消炎鎮痛薬を使った薬物治療、ホットパックなどを利用した理学療法などのほか、ブロック注射などを組み合わせて行われています。

 

ブロック注射の中でも、痛みの原因となっている神経根がわかれば、その神経根に対して直接神経根ブロックを行うとかなりの効果が期待できます。

 

ただし、実際には画像検査などで椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症などの変形性疾患が認められる場合でも、
必ずしも痛みの強さなどの症状に直接結びついてるとは限らないのがこの疾患の治療の難しいところです。

坐骨神経痛

ホーム RSS購読 サイトマップ